年末年始に1年分のエネルギーチャージをしました

公開日時:

最終更新日:

folder 仕事力

2022年も3日目になりました。
みなさま、どんなお正月を過ごされていますか?

私はこのお正月は、予定らしい予定を入れずに自宅で過ごすことに決めていました。
31日から1日にかけて、家族でホテルで過ごしたくらいかな。

スケジュール帳が真っ白なままにしておこうと決めたのは、ひとりの時間を増やしたかったから。
年末にテニス大会をしたり、カウンセリングの集中セッションをしたり、
年始に親せきの集まりに参加したり、友だちに会いに行っていた私にしては珍しいことです。
それができて今は大満足です。

こんにちは。札幌でWebプロデューサーをしている白藤沙織です。

12月に入って、「緊急で重要な仕事」が集中していました。
そしていつも自分がやりたいことが、どんどん後回しになっていく感じがしていたのです。
「緊急ではないけれど重要な仕事」ができていない感じかな。
身体も調子がよくなかったから、静かにしていたかったのもあるかな。

お正月はどんな風に過ごされましたか?

自分と対話する時間が少ないとアウトプットは無理

12月後半、私はちょっと息切れ状態。
なぜストレスなのかなって思ったら、自分がやりたいって思っているのに、なかなか取り組む時間がなかったからです。
そして、身体が疲れていたんですよ。

あっ、
研修で釧路に行って、みんなで遊んだり、
ボイストレーニングの発表会で歌って踊ったり、

さんざん好きなことやっていたじゃないのと思った方もいるかも。

そうなんです。

好きなことをたくさんやっていたのです。
そうなんですけれどね。

ひとつひとつのことが丁寧じゃない気持ちもしてきて、いったん時の流れを止めたくなったのです。
年末年始のお休みは、ちょうどいいタイミングでやってきました。

ほとんど自分だけの時間というぜいたくを堪能して、
「しなければならない」ことがないのは、こんなに快適なんだなと気づきました。

かといって、何もしていなかったのかというとそうでもなく…

  • 大掃除した。毎日軽く掃除をしてる。
  • 年賀状も書いた。
  • 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の予習ライブをした。
  • グループコーチングや視座の見直し会に参加した。
  • 年内最後の定例ズーム会をした。
  • 歴史小説や実用書を読んで、感想をInstagramに投稿した。
  • 書けていなかったダンス成長日記を書いている。
  • 文章執筆に関する講座を受けて課題を提出した。
  • 仕事もした。
  • 見たいテレビドラマを見た。

ちょこちょこ何かはしているのだけれど、義務でやったことはひとつもないのです。
やりたいからやってみた感じ。

中でも「文章執筆」講座は10月から取り組みたいと思っていて、なかなかできていなかったこと。
これが終わっていなかったのが、どこかでストレスになっていたのだなと思います。

心から望むことをやり遂げるには、流れるように生きていてはだめですね。
「ひとりになることを恐れない。あえてひとりになる」ことが必要なんですね。

なぜなら、ひとりの時間に自分と対話ができるからです。
目標が達成できるときって、自分が心から望んだときでしょう。
人から言われたことが目標になっている場合は、案外達成するのは難しいんですよね。自分のものでないから。

そしてね、自分との対話が不足すると、自分が望んでいることがわからなくなるんです。

ちょっと話がそれますが、ブログやSNSなどの自己表現(私の場合は演技やダンス、歌も)、企画系のお仕事など、正解がないものは、自分と対話できないと続けられないのですよ。

自分で自分なりの答えを出すことだから。

たぶんね、私は2021年の後半はダンスや歌で表現することにいつもの年以上に時間を使っていたから、もっと自分を探る必要があったのでしょう。(たぶんね)そして、身体も使っていたので休息が不足していたんだと思います。

自分との対話がたっぷりでき、私にとっての「緊急ではなく重要な仕事」の中で一番大きなものが終わった今、心がすっきりしています。

大晦日に神社でお参りもできたのだった。

明日(1月4日)の仕事始めから、まためっちゃ元気に過ごせそうです。

そして、今年もWebを通して、みなさまの夢を叶えるお手伝い、プロデュースをしていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメント

comments

 この記事の投稿者

白藤沙織

Web・印刷の株式会社正文舎取締役。 Webプロデューサー 兼 ライター。ときどきセミナー講師。 コーチやカウンセラーの資格を持ち、仕事に活かしています。 ダンス・歌・演劇好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛しています。

営業をどのようにしたらよいかわからないときに、Webサイトとブログ、SNSに出会う。以来、情報発信を丁寧にして未来のお客様と出会ったり、お客様のフォローをしています。

仕事もプライベートも「自分の生きたい人生を生きる」ために、「自信や勇気」を届けられたらうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ