2024年初日はやめることを決めてみた

公開日時:

最終更新日:

folder 想い

新年おめでとうございます。
おめでとうと明るく言っていいのかな…と、迷うような大地震や航空機事故が起こっていますね。
大きな出来事は真摯に受け止めつつ、それでも新しく始める年を感じたいと思います。

こんにちは。札幌でWebディレクターをしている白藤沙織です。

この年末は静かに実家で過ごし、読書三昧でした。
「夜と霧」は前々から気になっていて、この年末2回も繰り返し読みました。
作者は、第二次世界大戦中に強制収容所を体験したユダヤ系オーストリア人で精神科医だったビクトール・フランセルです。
なぜか夢中になって2回も読んだのかなと思っていたら、新年の大ニュース。
これは、自分の内面を磨きなさいというメッセージなのかなと思いました。

私が「夜と霧」で学んだことは、下記のこと。

外部環境はどんな状況でも、心の中は自分で決められる。
心の理想は誰にも奪われない。

周囲をしっかり観察し受け止めて、それでも自分の理想の在り方でいるという姿勢なのかなと思います。

ですので、いま自分でできることを淡々としていきたいと思います。
そのためには、「しない・やめること」を決める必要があります。
ひとりですべてはできないから。

2024年もよろしくお願いします

2024年やめることリスト

私が時間を減らすと決めたことは、下記のことです。

  1. メールでの議論をやめます
    意見が食い違っているとき、文章では伝えきれないと思ったら、文章を書くことに時間をかけるのをやめます。
    アポイントをとって話し合う、電話をかけて補足する、あるいは沈黙するなど、別の方法を考えます。

    文章でのやりとりは、不毛なことが多いです。

  2. SNSをダラダラみて時間を消費することをやめます
    SNSは私にとっては、命綱と言えるくらいお仕事で大事なものです。
    が、睡眠時間を削ってまですることでもないとようやくわかりました。
    (削ってたよ)

    投稿を作っていていて寝るのが遅くなるのはまだしも、YouTubeでずっとBTSを見続けて遅くなるのはほどほどに(^▽^;)
    いい仕事をして、歌ったり踊ったりお芝居したりしたいのなら、身体を整えないとですね。

  3. すぐに反応することをやめます
    1のメールで議論するにも似ているのですが…
    何か言われたときに、すぐに反応してしまうのをやめます。あまりいいことがないです。
    不本意なことを言われているときでも、無理に遮ろうとしないでいったん言い終わってもらう方がよいですね。
    その間、心が乱れそうになっていたら「ありがとうございます」と念仏のようにとなえてみようと思うのでした。
    そして、いつまでもネガティブなことにとらわれないで、とらわれそうになったら踊ります(^▽^;)

    あっ、もちろん、思いついたら、アドバイスいただいたことは即行動は実践します。
    無駄な議論を排除するっていう意味です。

まずこの3つ、取り組んでみます。
いつも穏やかで平和でいられるように。
地震や事故の犠牲となった方のご冥福をお祈りいたします。

いつものとおり、穏やかな風景がひろがっているのがありがたい
当たり前に会社があって、仕事があることに感謝します。

今年もよろしくお願いいたします。

コメント

comments

 この記事の投稿者

白藤沙織

Web・印刷の株式会社正文舎取締役。 Webプロデューサー 兼 ライター。ときどきセミナー講師。 コーチやカウンセラーの資格を持ち、仕事に活かしています。 ダンス・歌・演劇好き。4コマ漫画のサザエさんをこよなく愛しています。

営業をどのようにしたらよいかわからないときに、Webサイトとブログ、SNSに出会う。以来、情報発信を丁寧にして未来のお客様と出会ったり、お客様のフォローをしています。

仕事もプライベートも「自分の生きたい人生を生きる」ために、「自信や勇気」を届けられたらうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ